*

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

公開日: : 滑稽噺 , ,

船徳

柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたいと言い出した。

「若旦那の細腕では無理だ」と止める親方だったが結局 頑固な若旦那に押しきられしぶしぶ認めることに…

他の船頭たちと揃いの半纏を着せてもらい満足そうな若旦那。端から見ると格好だけは一人前の船頭に見える。これが災いの元だった。
船徳船宿
その日は浅草の縁日で船宿は大忙し 船頭達は次々に出払ってしまい 素人の若旦那だけが残された。

そこへ二人組の客がやってくる。

女将:
「船はありますが あいにく船頭は出払っておりまして…」

断られたものの客は奥にいる若旦那を見つけると

客:
「あそこにいる人はダメなのかい?」

まさかのご指名に女将は難色を示したが、若旦那はやる気満々で船頭を引き受けてしまった。

若旦那:
「では乗ってください 出しますよ」
船徳隅田川
船を出したはいいが案の定下手くそで、思うように進まない。葦の原に突っ込んだり、渦に巻き込まれてグルグル回ったり…

何とか目的地の近くまでたどり着いたが、桟橋に寄せることができない。仕方なく川の中を歩いて岸まで上がる客

振り向くと船の中で若旦那がへばっている

客:
「船頭さん あんた大丈夫かい?」

若旦那:
「お客様すみませんが 船を戻すのに船頭を一人雇ってください

吉原通いに使われた猪牙船(ちょきぶね)

吉原
現代のように交通手段の発達していない江戸時代。吉原に行くには徒歩や駕籠の他に猪牙船(ちょきぶね)と呼ばれる小型の舟で行く方法がありました。

猪牙船は速いかわりに運賃は高く長屋の住人よりも放蕩息子や大店の旦那御用達だったようです。柳原の辺りには船宿が集まっており、若旦那は吉原通いをするうちに馴染み→勘当→居候となったものと想像できます。

また舟を操るにも技術が必要ですが、乗せてもらう側も慣れないうちは揺れて大変だったようで、涼しい顔で乗りこなすことが粋とされていました。

落語一覧へ



関連記事

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

大山詣り念仏

蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)のあらすじ 修行僧について

蒟蒻問答 昔はやくざ者だったが今ではすっかり足を洗い蒟蒻屋を営んでいる六兵衛。足を洗ったという

記事を読む

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆 字ばかりのチラシで気になって

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆

→もっと見る

PAGE TOP ↑