*

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

公開日: : 滑稽噺 , ,

船徳

柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたいと言い出した。

「若旦那の細腕では無理だ」と止める親方だったが結局 頑固な若旦那に押しきられしぶしぶ認めることに…

他の船頭たちと揃いの半纏を着せてもらい満足そうな若旦那。端から見ると格好だけは一人前の船頭に見える。これが災いの元だった。
船徳船宿
その日は浅草の縁日で船宿は大忙し 船頭達は次々に出払ってしまい 素人の若旦那だけが残された。

そこへ二人組の客がやってくる。

女将:
「船はありますが あいにく船頭は出払っておりまして…」

断られたものの客は奥にいる若旦那を見つけると

客:
「あそこにいる人はダメなのかい?」

まさかのご指名に女将は難色を示したが、若旦那はやる気満々で船頭を引き受けてしまった。

若旦那:
「では乗ってください 出しますよ」
船徳隅田川
船を出したはいいが案の定下手くそで、思うように進まない。葦の原に突っ込んだり、渦に巻き込まれてグルグル回ったり…

何とか目的地の近くまでたどり着いたが、桟橋に寄せることができない。仕方なく川の中を歩いて岸まで上がる客

振り向くと船の中で若旦那がへばっている

客:
「船頭さん あんた大丈夫かい?」

若旦那:
「お客様すみませんが 船を戻すのに船頭を一人雇ってください

吉原通いに使われた猪牙船(ちょきぶね)

吉原
現代のように交通手段の発達していない江戸時代。吉原に行くには徒歩や駕籠の他に猪牙船(ちょきぶね)と呼ばれる小型の舟で行く方法がありました。

猪牙船は速いかわりに運賃は高く長屋の住人よりも放蕩息子や大店の旦那御用達だったようです。柳原の辺りには船宿が集まっており、若旦那は吉原通いをするうちに馴染み→勘当→居候となったものと想像できます。

また舟を操るにも技術が必要ですが、乗せてもらう側も慣れないうちは揺れて大変だったようで、涼しい顔で乗りこなすことが粋とされていました。

落語一覧へ



関連記事

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ 江戸時代の水道事情について

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

居残り佐平次

落語 居残り佐平次のあらすじ サゲのおこわにかけるとゴマ塩だからの関係は?

居残り佐平治 遊び人の佐平次が仲間に品川の遊郭に繰り出して派手にやろうと提案する。 佐平次:

記事を読む

落語 長短のあらすじ 江戸時代の煙草と喫煙率について

長短 長助と短七の二人は仲のいい友達なのだが性格は正反対。長助は昔からのんびり屋で気が長く、短七は

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

→もっと見る

PAGE TOP ↑