*

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

公開日: : 最終更新日:2020/03/30 滑稽噺 , ,

愛宕山

旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、山が険しいのなんの

登る前は「山登りなんて朝飯前ですよ」と強がりを言ったもののみんなからは、どんどん離されてしまう。
山登り
息も絶え絶えに旦那たちに追いつくと、そこでは土器(かわらけ)投げの真っ最中。

土器投げとは、谷に下がっている丸い輪に素焼きの皿を投げ、そこを通すというあそび。

旦那は手馴れているとあって、何度も成功させているが一八といえば失敗ばかり

そのうち旦那は本物の小判を投げ始め 「もったいないからやめてください」という一八の言うことも聞かずに投げ続け、一つも通らず三十両分が谷底へ
小判
一八:
「旦那あの小判はどうするんです?」

旦那:
「なあに拾った人のもんだ。おまえが拾ってもいいぞ」

小判はほしいが足元を見ると険しい崖。しかし一念発起した一八は茶屋で傘を借りて、それをバサっと開いて谷底まで飛び降りた。

必死になって三十両分の小判を拾ったが、今度は登るに登れない。
愛宕山の傘
旦那:
「お~い 一八 早く上がってこい。そこは狼が出るらしいぞ~」

慌てた一八は着てきた着物を細かく裂いて長い紐を作り、高い竹に巻きつけ、思い切りしならせて 竹が元に戻る力を利用してビヨヨ~ンと戻ってきた。

一八:
「旦那 ただいまもどりました」

旦那:
「えらいやつだね。一生ひいきにしてやるぞ!」

一八:
「ありがとうございます」
と涙目の一八

旦那:
「で、金はどうした?」

一八:
「あっ忘れてきた」

土器(かわらけ)投げについて

江戸時代、崖などの高所から素焼きの皿を投げて的に当てたり、通したりまたは飛ぶ様子を見て楽しむかわらけ投げ。各所で行われていたようですがこの噺の愛宕山だけでなく飛鳥山も名所のひとつでした。

現代でも京都の神護寺というお寺ですることができます。かわらけは現代でも神棚に洗米(洗った米)や塩を御供えするのに使います。
神棚
ちょっと文字ではわかりにくいですが、一八は傘をパラシュートの要領で開いて谷底へ 帰りは竹を棒高跳びの要領でしならせて谷の上に戻ったというわけです。
※傘を使って降りず、谷底へ突き落とされるパターンもあります

落語一覧へ




関連記事

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑