*

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ

ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

心配した棟梁が与太郎のところを訪ねてみると、家賃を滞納してしまったせいで、大家さんに大工道具を持っていかれてしまい仕事に行けないという
大工調べ長屋
滞納額は一両と八百文だと言うから棟梁は手持ちの金から一両を与太郎に手渡して、大家さんのところ行くように促す

与太郎:
「俺が滞納してるのは一両と八百文だから足りないんだけどなあ…」

棟梁:
「そんなことは承知の上だ、あの因業大家だって頭を下げりゃあなんとかなるだろう あっちもとりあえず一両も回収できれば御の字だ」
大工道具
これで大工道具が返ってくるだろうと思っていた棟梁だったが、与太郎は手ぶらで帰ってくる。なんでも棟梁から言われた言葉を大家さんにそのまま言ってしまったらしく ますます大家さんを怒らせる結果に

与太郎を一人で行かせたのが間違いだった、仕方がないので与太郎を連れて大家さんのところへ直談判しに行く棟梁。不機嫌そうな大家さんに謝罪したりおだてたりでなんとか大工道具が返ってきそうな雰囲気になったが

棟梁:
「残りの八百文は何かのついでの時にでも放り込ませます」

うっかり言ったこの一言が大家さんの逆鱗に触れてしまい、またもや物別れに

棟梁の方もついに切れてお互い言いたい放題の喧嘩になり、この決着はお白州でということになる

願い人一同揃ったところへ奉行が登場
大工調べ奉行
棟梁は負ける気はしなかったが、与太郎を甘く見ていた

奉行:
「そちは家賃を滞納した上に大家の悪口を言ったそうだが本当か?」

適当にごまかしておけばいいものを与太郎は

与太郎:
はい 本当です 言ってやりました

これではどうしようもない。八百文を即刻支払うよう裁きが下ってしまった。大家さんは大喜び 面目丸潰れの棟梁だったが

しかし奉行は今度は大家さんに

奉行:
「大工道具を質草として預かったようだが、そちは質株を持っておるか?」

もちろん大家はそんなもの持っている筈もなく、違法なので大工道具を預かって仕事が出来なかった分の日当を払うようにとの裁きが下る

まさかの逆転勝訴 棟梁はここぞとばかりに高額の日当を吹っ掛ける

喜んで白州を後にしようとする棟梁たちを奉行は呼び止めて

奉行:
「元手八百文でずいぶん儲かったのではないか?さすが大工は棟梁

棟梁:
「へぇ、調べをご覧じろ

大工調べオチの解説

原因を作った与太郎よりも、棟梁が活躍する噺。わからんちんの大家さんに切れた棟梁が立て板に水でまくしたてるシーンは生で聞くとハラハラします(途中で噛んだら台無しなので笑)

わかりにくいオチの部分ですが、最後の二人のやり取りを解説すると

奉行:
「さすがは大工は棟梁
棟梁:
「へぇ 調べをご覧じろ
と受けて「細工は流々、仕上げをご覧じろ」とことわざにかけたシャレ
色んなやり方があるのだから、心配せずに文句は結果を見てから言ってくださいという意味になります。

落語一覧へ



関連記事

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

落語 そば清のあらすじ オチと江戸時代に残る大食い記録について

そば清 そばなら何杯でも食べることができると豪語する旅商人の清兵衛 その見事なそばの食べっぷ

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑