*

落語 子は鎹(かすがい)のあらすじ かすがいとは?タッカーとの違い

公開日: : 最終更新日:2019/08/04 人情噺 ,

子はかすがい

遊女に入れあげた挙句 女房と大喧嘩をしてしまった大工の熊五郎。愛想を尽かせた女房のおみつは息子の亀吉を連れて家を出て行ってしまう。

それから三年の月日が流れた。女とは結局別れてしまった熊五郎は心を入れ替えて大工の仕事に精を出す。元々腕のいい大工だったため、仕事は順調そのもの
子はかすがい大工
となると出て行ったおみつと亀吉のことが気になってしかたがないが自分の蒔いた種なのでどうしようもない。

ある日の仕事帰り、亀吉と偶然にも再会を果たす。大きくなった亀吉にこの三年のことを色々と尋ねる熊五郎

亀吉の話によると女房は内職の針仕事をしているが 再婚はしておらず何かと不自由なことも多いようだ。言われてみれば少々ボロを着ているのが気になった。

熊五郎:
「おっかさんはおとっつぁんのことを悪く言ってるだろう?」

亀吉:
「そんなことないよ おとっつぁんは腕は良いんだけど、不器用で少々お酒が過ぎるとことが珠に瑕だ 悪いのはお酒だって言ってるよ」

遊女なんかにのぼせて家族を失ったことを公開している熊五郎。亀吉と翌日うなぎを食べに行く約束をすると、別れ際に小遣いを渡す。
子はかすがいうなぎ
熊五郎:
「おとっつぁんと会ったことと小遣いのことは内緒だぞ」
と元気に走って行く亀吉を後ろから見送った。

ところが亀吉は家に帰ると熊五郎から貰った小遣いをおみつ見つけられてしまう。亀吉が盗んだと思ったおみつは問いただすが、亀吉は内緒にするという約束があるから熊五郎から貰ったというわけにはいかない

おみつ:
「人様のお金を盗むなんて情けない。正直にお言い。でないとこのおとっつぁんの玄翁(げんのう)でぶつよ!これはおとっつぁんがおまえを叩くのと同じだよ!」

亀吉:
「盗んだんじゃない おとっつぁんから貰ったんだ」

泣きながら昼間に熊五郎に会ったこと おみつのことを心配していること 明日ウナギを食べる約束をしたことを打ち明ける亀吉

翌日、おみつは亀吉に晴れ着を着せて送り出すが、心配なので鰻屋の入り口までついてくる

亀吉がそのことを熊五郎に言うと熊五郎はおみつ会って今までのことを謝りまた三人そろってやり直そうという話に

おみつ:
「また元通りやり直せるのはこの子のおかげ 本当に子は鎹(かすがい)ですね」
亀吉:
「え?おいらが鎹だって?そうか だから昨日玄翁(げんのう)でぶつと言ったんだ

鎹(かすがい)とは

夫婦仲を繋ぎとめておくという意味で子は鎹とよく例えられます。

かすがいとは木材と木材を繋ぎとめておくための両端が曲がって、針が出ている大きな釘のこと。木と木の間にセットして金槌で離れないように叩きこみます。

このような使用方法が「玄翁でぶつと言ったんだ」という噺のオチに繋がっています。
※玄翁は早い話が金槌です

大工さん以外には馴染みの薄い道具ですが、百均などでも手に入るタッカーの大型の物を思い浮かべてもらうとよいと思われます。

タッカーの方は専用の器具でホッチキスの芯のような形状の金具を打ち込みますので、金槌は使いません。落語には登場する機会はなさそうです^^;
電線を壁や柱に這わせるためのステップルと鎹(かすがい)は似ていますが、用途が異なります。

落語一覧へ




関連記事

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

猫の皿払った三両

落語 三方一両損のあらすじ 大岡越前守実際はどのような人物だったか?

三方一両損 左官屋の金太郎が柳原あたりで財布を拾う。なんと財布の中身は三両もの大金と書付と印行

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

抜け雀

落語 抜け雀のあらすじ 駕籠かきとはどんな職業だったか

抜け雀 とある宿場町の宿屋に汚い身なりで泊まった若い男。 男は毎日酒を飲んで外に一歩も出

記事を読む

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑