人情噺

落語 柳田格之進(やなぎだかくのしん)碁盤斬りのあらすじ 庶民の娯楽だった囲碁

落語 柳田格之進(碁盤斬り)

万屋の主人に招かれて碁を囲む浪人の柳田格之進
そこへ店の番頭が50両の集金を終えて帰ってくる
碁盤
対局を終えて格之進が帰った後に事件が起こる。番頭が集金してきた50両が紛失してしまったのだ

格之進が犯人だと疑う番頭は主人が止めるのも聞かずに無断で格之進の長屋を訪れる

長屋に着くと番頭は はなから犯人は格之進だと決め付けているので

番頭:
「しらを切るなら奉行所に訴える」
と強気で迫る

格之進:
「盗人と疑われて心外だが、その場に居合わせたことを不運と思い、明日までに50両用意しよう」
と約束した格之進だが浪人暮らしでそんな大金用意するあてもない

格之進:
「かくなる上は身の潔白を証明するために切腹いたそう」

それを見た格之進の娘の絹は自分が吉原に身を売ることで50両を都合し、なんとか切腹を思いとどまらせる
千両箱
翌日、約束どおり50両を番頭に渡す格之進

番頭:
「万が一 後になってお金が出てきたら私と主人の首を差し上げますよ
お金を受け取ると番頭はそう言い残して万屋へ帰って行った

時が過ぎて十二月十三日、店の煤払いをしていると箪笥の裏から問題になった50両の包みが見つかった

犯人は格之進ではなかったのだ。当日のことをすべて思い出した番頭は格之進に事情を話し、許しを乞うたのだったが…

格之進:
「約束したことがあったな。明日挨拶に伺おう。今日は湯に入って首をよく洗っておくがよい」




翌日二人の首を取ろうと格之進は万屋へ乗り込んだが

主人:
「柳田様の所へお金を取りに行かせたのは私ですから私をお斬りください。番頭は許してやって下さい」

番頭:
「私が主人が止めるのも聞かずに勝手にやったことです。私をお斬り下さい」

主人と番頭がお互いを庇い合う
刀
二人の行動に心を打たれた格之進は大上段に構えた刀を一閃、置いてあった碁盤を真っ二つにして二人の首の代わりとした

柳田の娘の絹が吉原に身を売って50両を都合したことを主人が知ると。すぐに吉原へ使いをやって絹を迎えに行かせる。

格之進:
「おまえをこのような目に遭わせた上に、二人を斬ることができなかった」
詫びる格之進に

絹:
「父上のお役に立てたのならよろしゅうございます」
と許す絹。

この後、番頭と絹は夫婦になり、ますます格之進と主人の間は近しくなり万事丸く収まった。

ならぬ堪忍するが堪忍というお噺

落語 柳田格之進(碁盤斬り)江戸時代の囲碁について

落語 柳田格之進について。上方では主に碁盤斬りという演目で演じられています。

商人と浪人が一緒に碁盤を囲んでいますが、時代劇で見る程町人と武士(浪人)は身分による格差がなかったと思われます。囲碁は江戸時代庶民の娯楽として広く行われており、どこにでもある風呂屋の二階は碁を打ったりと身分の上下のない社交の場として開放されていました。

また娯楽だけではなく、徳川家康は碁盤上で自分の陣地を広げるというルールと相手との駆け引きが軍略上の訓練になると本因坊算砂に五十五国五人扶持を与えて碁所を開かせています。

江戸前期にはすでにプロ棋士がいて将軍の前で腕前を披露しました。将軍の御前での対局は御城碁と言われ毎年年一回 十一月十七日に家元の四家が腕を競い合い寛永からはじまり幕末までの230年に渡って行われています。

噺に登場する柳田格之進ですが、元は彦根藩士で真面目な性格ゆえに疎まれ、同僚の讒言によって浪人となってしまいますが、のちに彦根藩に復帰するという設定もあります。

その他の武士が出てくる噺

夜
落語 首提灯のあらすじ 時代劇でお馴染み斬り捨て御免について

落語 首提灯 深夜 芝増上寺の辺りを男が一人で歩いている 男は酒を飲んでいるようで足元がおぼつかない やがて辻斬りが出るという場所に差し掛かると、怖さを紛らわすために大声を出しながら歩き始める。 とそ ...

落語一覧へ



-人情噺
-, , ,