*

落語 柳田格之進(やなぎだかくのしん)のあらすじ 庶民の娯楽だった囲碁

公開日: : 最終更新日:2019/07/09 人情噺 , , ,

柳田格之進

万屋の主人に招かれて碁を囲む浪人の柳田格之進
そこへ店の番頭が50両の集金を終えて帰ってくる
碁盤
対局を終えて格之進が帰った後に事件が起こる。番頭が集金してきた50両が紛失してしまったのだ

格之進が犯人だと疑う番頭は主人が止めるのも聞かずに無断で格之進の長屋を訪れる

長屋に着くと番頭は はなから犯人は格之進だと決め付けているので

番頭:
「しらを切るなら奉行所に訴える」
と強気で迫る

格之進:
「盗人と疑われて心外だが、その場に居合わせたことを不運と思い、明日までに50両用意しよう」
と約束した格之進だが浪人暮らしでそんな大金用意するあてもない

格之進:
「かくなる上は身の潔白を証明するために切腹いたそう」

それを見た格之進の娘の絹は自分が吉原に身を売ることで50両を都合し、なんとか切腹を思いとどまらせる
千両箱
翌日、約束どおり50両を番頭に渡す格之進

番頭:
「万が一 後になってお金が出てきたら私と主人の首を差し上げますよ」
お金を受け取ると番頭はそう言い残して万屋へ帰って行った

時が過ぎて十二月十三日、店の煤払いをしていると箪笥の裏から問題になった50両の包みが見つかった

格之進に事情を話して許しを乞う番頭だが

格之進:
「約束したことがあったな。明日挨拶に伺おう。今日は湯に入って首をよく洗っておくがよい」




翌日二人の首を取ろうと格之進は万屋へ乗り込んだが

主人:
「柳田様の所へお金を取りに行かせたのは私ですから私をお斬りください。番頭は許してやって下さい」

番頭:
「私が主人が止めるのも聞かずに勝手にやったことです。私をお斬り下さい」

主人と番頭がお互いを庇い合う
刀
二人の行動に心を打たれた格之進は大上段に構えた刀を一閃、置いてあった碁盤を真っ二つにして二人の首の代わりとした

柳田の娘の絹が吉原に身を売って50両を都合したことを主人が知ると。すぐに吉原へ使いをやって絹を迎えに行かせる。

格之進:
「おまえをこのような目に遭わせた上に、二人を斬ることができなかった」
詫びる格之進に

絹:
「父上のお役に立てたのならよろしゅうございます」
と許す絹。

この後、番頭と絹は夫婦になり、ますます格之進と主人の間は近しくなり万事丸く収まった。

ならぬ堪忍するが堪忍というお噺

江戸時代の囲碁について

商人と浪人が一緒に碁盤を囲んでいますが、時代劇で見る程町人と武士(浪人)は身分による格差がなかったと思われます。囲碁は江戸時代庶民の娯楽として広く行われており、どこにでもある風呂屋の二階は碁を打ったりと身分の上下のない社交の場として開放されていました。

また娯楽だけではなく、徳川家康は碁盤上で自分の陣地を広げるというルールと相手との駆け引きが軍略上の訓練になると本因坊算砂に五十五国五人扶持を与えて碁所を開かせています。

江戸前期にはすでにプロ棋士がいて将軍の前で腕前を披露しました。将軍の御前での対局は御城碁と言われ毎年年一回 十一月十七日に家元の四家が腕を競い合い寛永からはじまり幕末までの230年に渡って行われています。

噺に登場する柳田格之進ですが、元は彦根藩士で真面目な性格ゆえに疎まれ、同僚の讒言によって浪人となってしまいますが、のちに彦根藩に復帰するという設定もあります。

落語一覧へ



関連記事

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

金蔵

落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金を申し込みに兄の元をおとずれる

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

孔子

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

二十四孝(にじゅうしこう) 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親

記事を読む

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑