*

落語 首提灯のあらすじ 時代劇でお馴染み斬り捨て御免について

公開日: : 最終更新日:2019/02/28 怪談噺 , ,

首提灯

深夜 芝増上寺の辺りを男が一人で歩いている
男は酒を飲んでいるようで足元がおぼつかない
夜
やがて辻斬りが出るという場所に差し掛かると、怖さを紛らわすために大声を出しながら歩き始める。

とそこに暗がりから急に「おい」と呼び止める声がする

武士:
「おい、そこの町人 麻布にはどう参る?」

辻斬りかと思って最初はびっくりした男だったが、そうではないとわかると酔っているせいか、だんだん威勢がよくなってくる。

男:
「おい(甥)とはなんだ おまえは俺の伯父さんか?口の聞き方がなってねえ」

武士は「失礼したと」丁寧な口調で聞き直すが、男は相手が地方出身の田舎侍だとわかると もう勢いが止まらない

次々に罵詈雑言でまくし立て「相手にしても仕方ない」とあきらめて立ち去ろうとする武士の着物に痰を吐きかける

武士:
「おのれ 殿より賜った紋服に痰を吐きおったな」

これには堪忍袋の緒が切れた武士は「えい」っと気合とともに一太刀浴びせると静かに立ち去っていった
首提灯斬り捨てる
武士の腕前が神がかり的だったので男は斬られたのにも気付かずに悪態をつき続ける

男:
「なんだ一人じゃ敵わねえから助太刀でも呼びに言ったのか?この丸太ん棒」

鼻歌交じりで歩き出すとなんだかフラついているような気がする。しばらくするとだんだん首が横向きに。

なんとか正面を向かせようと両側から首を押さえると手には血がべっとり。ここでようやく斬られたことに気がついた。

男:
「あの田舎侍め首を斬りやりやがったな畜生。歩きにくくってしかたがねえ。情けねえことになっちまったな」

とそこに火事を知らせる半鐘の音がジャンジャン鳴り響く
火の見櫓の半鐘
「どいたどいた」「ごめんよごめんよ」と火消しや野次馬達で辺りはごった返す

男:
「おっと大事な首を落としちゃいけねえ」

男は提灯のように首を掲げて

男:
はい、ごめんよごめんよ

武士の切捨て御免について

時代劇では御馴染みの武士による町人への切捨て御免。町人は一方的に武士に虐げられ恐れていたかというと少々事実とは異なります。

武士の多くは地方から参勤交代で来た出張族。それが江戸の町人(将軍の民)を斬っておいてまったく責任を問われないということはありませんでした。
奉行
どういう経緯でそうなったか吟味が行われまったくお咎めなしということは少なかったようです。

江戸時代は失職などしてしまえば再就職など難しい泰平の世の中。酔った町人とのいざこざを避けて繁華街には近づかなかった武士もいたと伝えられています。

またそれを知っていて傾奇者(かぶきもの)の町人はわざと喧嘩を吹っ掛けたりするものもいたそうです。

面倒は避けたい武士と喧嘩っぱやい江戸の町人 なんだか時代劇とはイメージが大きく違って見えてきます。

落語一覧へ

関連記事

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

落語 そば清のあらすじ オチと江戸時代に残る大食い記録について

そば清 そばなら何杯でも食べることができると豪語する旅商人の清兵衛 その見事なそばの食べっぷ

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

死神

落語 死神のあらすじ 江戸時代の医者について

死神 金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじま

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

湯のみ

落語 もう半分のあらすじ

もう半分 夫婦で営む居酒屋に湯飲みに酒を半分ずつ注文する老人が毎日やってくる。 ある日、

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑