*

落語 死神のあらすじ 江戸時代の医者について

公開日: : 最終更新日:2019/07/26 怪談噺 , ,

死神

金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじまおうかと考えたものの、どうやって死んだらいいかがわからない。

男「川に飛びこんじまうか。いやダメだ泳げねえ。首でもくくってみるか…それも苦しそうだ」
橋
そんな男の前にやせ細った見るからに怪しげな老人が現れる。

その正体は死神でいろいろと話すうちに死ぬ方法ではなく役に立つ情報を教えてくれた。

病人の近くには必ず死神が座っており、それが枕元に座っていればその人は寿命で助からない。しかし足元に座っていれば、呪文を唱えることで死神を退散させ病人は快方に向かうという。

普通の人には見ることのできない死神を何かの縁だと見えるようにしてくれた死神。

半信半疑の男だったが、家にカマボコ板で「いしゃ」と掲げて開業するとさっそく診てほしいという人が。

どの医者もさじを投げたという患者の元に行くと、足元に死神が。死神に教えてもらったとおりにやると病人はすっかり元気に。これが評判を呼び依頼が途切れることがない。

もっとも、はじめはトントン拍子でことが運び、病人を次々と治して大繁盛するがすっかり舞い上がり贅沢三昧の末、有り金を使い果たして借金までこしらえてしまう。

また例の方法で稼ごうとするが、今度は死神が枕元にばかり座っていて治すことができない。「この度は寿命でございます」と失敗を重ねているうちに、あの医者は疫病神だというありがたくない噂まで立てられてしまう。

失敗続きの男のところに舞い込んできた大仕事。今度の患者は大店の旦那。一万両出してもいいからと頼まれたが、今度も死神は枕元。
枕元
これではどうしようもないがもう後がない男は一計を案じる。死神が朝方こっくりこっくりと油断している隙をついて店の若い衆に布団を180度回転させ、旦那の足元に死神が来た瞬間

「アジャラカモクレン テケレッツの パ」呪文を唱えると死神は恨めしそうに消えてゆき旦那は見事に快方に向かった。

一万両を手にし得意満面の男の元に最初の死神が現れる。おまえはとんでもないことをしてくれたなおまえさんのやった方法は禁忌の法で、男の寿命と病人の寿命が入れ替わってしまったという。

暗い部屋に連れて行かれると、そこには無数のろうそくが。それは人間の寿命をあらわしていると言う。
たくさんのろうそく
やってはならないことをしてしまった男のろうそくは今にも消えそうになっている。チャンスをやろうと寿命を延ばすための長いろうそくを手渡されたが手が震えてしまい もう少しのところで、ろうそくは消えてしまい…

江戸時代の医者という職業について

噺の中で死神も怖いけども地味に怖いのが、男が医術の心得もないのに勝手に医者を名乗ってしまうところ。

当時は医師免許制度などというものはなく、誰でも医者だと言い張れば医者を名乗ることができた。(医師免許が出来たのは明治政府が西洋医学を修めた者という取り決めをした時から)

もちろん藪医者という評判が立てば看板を下ろさざるを得なかったでしょう。看板を下ろさざるを得なかったことで有名?なのが戊辰戦争で活躍した大村益次郎(でこの広いあの人)。腕はともかく愛想が悪く評判が良くなかったとのこと。

医者の種類を大別すると漢方医と蘭方医に分けられますが、大名家に出入りするようなまともな医者に庶民がかかるのは困難だったため、噺に出てくるような怪しい医者に頼る以外は効くかどうかわからない薬を買って治すしかなかった。

ほんとに怖い時代です(笑)

落語一覧へ




関連記事

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

夜

落語 首提灯のあらすじ 時代劇でお馴染み斬り捨て御免について

首提灯 深夜 芝増上寺の辺りを男が一人で歩いている 男は酒を飲んでいるようで足元がおぼつかない

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

落語 そば清のあらすじ オチと江戸時代に残る大食い記録について

そば清 そばなら何杯でも食べることができると豪語する旅商人の清兵衛 その見事なそばの食べっぷ

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

湯のみ

落語 もう半分のあらすじ

もう半分 夫婦で営む居酒屋に湯飲みに酒を半分ずつ注文する老人が毎日やってくる。 ある日、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑