*

落語 もう半分のあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/05/25 怪談噺 , , ,

もう半分

夫婦で営む居酒屋に湯飲みに酒を半分ずつ注文する老人が毎日やってくる。

ある日、いつものように飲み始めた老人だったが「もう半分だけ、もう半分だけ」といつも以上に杯を重ね、痛飲しているように見える。

飲み終わってよろよろと店を出た後、席に風呂敷包みが残されているのに主人が気付く

主人:
「大変だ今から追いかければすぐ追いつけるだろう」

女房:
「いいよほっときなよ。それより大事そうに風呂敷だよ 何が入ってるか見てみなよ」

女房が風呂敷包みを解くと、なんと中から出てきたのが五十両という大金。これは大変だと慌てる主人を横目に黙っておきなと制す女房
小判
しばらくすると血相を変えて老人が戻ってくる

老人:
「ここに風呂敷包みはありませんでしたか?」

女房:
「ここには何もありませんでしたよ」

老人:
「あれは娘が吉原に身を売って作ってくれた金なんです。返してくれませんか」

女房:
「なんて人聞きの悪い…泥棒扱いするなんて!もう看板なんですから帰ってください」

お金を失い落胆した老人は永代橋から身を投げて死んでしまった。
橋
一方夫婦の店は老人から奪った金を元手に店を大きくして商売も順調そのもの。さらに子宝にも恵まれる。

待ち焦がれた赤ん坊の誕生だったが、どうも様子がおかしい。生まれてきた赤ん坊は、髪が真っ白、顔には深い皺が刻まれており、あの時の老人そっくりなのだ。

あまりのことに驚いた女房は寝込んでしまい間もなく死んでしまった。
布団
残された主人は乳母を雇って赤ん坊の面倒を見させるが、誰もが一晩でヒマがほしいと辞めていってしまう。

不思議に思った主人が子供を一晩中見張っていると、深夜に這い出してきた赤ん坊が油さしから油を茶碗にそそいて飲み始めたではないか。

主人:
「おのれ化物め」

すると赤ん坊が茶碗を差し出して

赤ん坊:
もう半分だけ…

落語一覧へ




関連記事

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が見舞いに来る 「医者に見

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

落語 質屋蔵のあらすじ オチの流される~利上げせよの意味は?

質屋蔵 伊勢屋の質草を預かる蔵に怪奇現象が起こるという噂が立つ。本当かどうかわからないが 放っ

記事を読む

落語 そば清のあらすじ オチと江戸時代に残る大食い記録について

そば清 そばなら何杯でも食べることができると豪語する旅商人の清兵衛 その見事なそばの食べっぷ

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑