*

落語 饅頭怖いのあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/07/09 滑稽噺 , ,

饅頭怖い

今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んでくるものがいる。
饅頭怖い
なんでも路地で蛇を見かけ、怖くて死に物狂いで逃げてきたという

「俺は蛇どころか長いものを見るとゾッとするんだ。蕎麦もうどんもダメ。褌だってしめねえよ」

それをきっかけにそれぞれの苦手な物の話になる

「蛙がきらい」
「蜘蛛がきらい」
「トカゲ」
「蟻」
「馬」

みんながそれぞれ苦手な物をあげていったが、そこまで黙っていた松公が口を開いた。

松公:
「男がこんなに集まって情けねえこった。蛇なんて鉢巻にしたらちょうどいい長さじゃねえか。蜘蛛なんて食ってやらあ」
蛇
などと威勢のいいことを言い始めた。

男:
「それでもおまえにだって一つくらい苦手なもんくらいあるだろう?」

松公:
「ねえったらねえ…だがおまえらがしつこいから 一つだけ思い出しちまった。実は饅頭が怖い」
そう打ち明けた
饅頭
それを聞いた男たちは大笑い。いろいろな饅頭の話をしていると、みるみる松公の顔色が変わってきて

松公:
「ちょっと気分が悪くなってきたから隣の部屋で横にならせてもらうぜ」
と告げると布団をかぶって寝てしまった

男:
「こいつは面白いことを聞いた。さっきは俺たちのことをよくも馬鹿にしてくれたな」

結局みんなで饅頭を松公の枕元に並べてやろうということで話がまとまり、大量の饅頭を用意して松公を起こす




男:
「おい起きろ松公 おい」

枕もとの饅頭を見た松公はびっくりして飛び上がり、それを見たみんなは大喜び

だが松公は並んだ饅頭を「怖い怖い」と言いながら次々に食べ始めた

松公:
「ああ怖い怖い…」

男:
「ああ、こいつ美味そうに饅頭を食ってやがるぞ。しまったこれは一杯食わされたか…一体おまえは何が怖いんだ?」

松公:
今度は熱いお茶が怖い
湯のみ

落語一覧へ

関連記事

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

落語 やかんのあらすじ 薬缶その他語源とは?

やかん ご隠居の家へ店子の熊五郎が遊びに来る。二人とも暇人だ。 熊五郎は浅草の観音様に行って

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑