*

落語 猫の災難のあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/10/27 怪談噺, 滑稽噺 , , , ,

猫の災難

酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫に恨みはないが条件反射で。

八五郎:
「こら!この泥棒猫め!」

怒鳴りつけると猫は鯛の頭を落として逃げていく

それを見て八五郎は一計を案じる。鯛の頭だけ見えるようにして布を掛け、まるで鯛が一尾丸ごとあるように見せかけた。

ちょうどそこへ熊五郎がやってきたので。

八五郎:
「熊 ちょうどいいところへ来た。こいつで一杯やってかないか?」

熊五郎:
「立派な鯛だな。じゃあ俺は酒を買ってくる」

と中身を確かめもしないで走っていく。これで酒が飲めるとほくそ笑む八五郎
酒
だがこのままでは鯛が頭だけだということがバレてしまう。そこで一芝居。

熊五郎が酒を買ってくる帰ってくるタイミングを見計らい、庭の隅に逃げた先ほどの猫に向かって

八五郎:
この泥棒猫め!熊すまねえ 俺がちょっと目を話した隙にこの通り…」

猫に身の方を食べられたんだと 残った鯛の頭を見せると

熊五郎:
「仕方ねえ 酒があるのに肴がないのはさびしいから」

と買ってきた酒を置いて再び出かける熊五郎。

八五郎:
「うまく酒が手に入った。どれ一杯味見だ!うまい」

熊五郎がなかなか帰って来ないのでもう一杯、もう一杯で徳利はとうとう空っぽに…

弱った八五郎はまた一芝居。酒の徳利を割って熊五郎が帰って来るのを待つ




八五郎:
「またあの猫にやられた!燗をつけようと用意していると、今度は鯛の頭を狙ってあいつがやってきた。追っぱらおうとしたところで、徳利を足にひっかけてガシャンだ…」

熊五郎:
「それにしては酒はこぼれてないし、おまえさんの顔も真っ赤だが?」

八五郎:
「こぼれた酒をもったいないから吸い込んだんだ」

熊五郎:
「まあいい。もう一度酒を買ってくるよ」

またまたうまくごまかした八五郎

そこへ件の猫が入ってくると、仏壇の前にちょこんと座って前足を合わせた

八五郎が不思議に思っていると

猫:
「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…もうこれ以上災難が降りかかりませんように

落語一覧へ




関連記事

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

落語 やかんのあらすじ 薬缶その他語源とは?

やかん ご隠居の家へ店子の熊五郎が遊びに来る。二人とも暇人だ。 熊五郎は浅草の観音様に行って

記事を読む

盃

落語 転失気(てんしき)のあらすじ 転失気とは医学用語?

転失気(てんしき) お寺の和尚さんの体調がここ最近すぐれない。お医者さんを呼んでみてもらったと

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

大山詣り念仏

蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)のあらすじ 修行僧について

蒟蒻問答 昔はやくざ者だったが今ではすっかり足を洗い蒟蒻屋を営んでいる六兵衛。足を洗ったという

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑