*

落語 猫の災難のあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/10/27 怪談噺, 滑稽噺 , , , ,

猫の災難

酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫に恨みはないが条件反射で。

八五郎:
「こら!この泥棒猫め!」

怒鳴りつけると猫は鯛の頭を落として逃げていく

それを見て八五郎は一計を案じる。鯛の頭だけ見えるようにして布を掛け、まるで鯛が一尾丸ごとあるように見せかけた。

ちょうどそこへ熊五郎がやってきたので。

八五郎:
「熊 ちょうどいいところへ来た。こいつで一杯やってかないか?」

熊五郎:
「立派な鯛だな。じゃあ俺は酒を買ってくる」

と中身を確かめもしないで走っていく。これで酒が飲めるとほくそ笑む八五郎
酒
だがこのままでは鯛が頭だけだということがバレてしまう。そこで一芝居。

熊五郎が酒を買ってくる帰ってくるタイミングを見計らい、庭の隅に逃げた先ほどの猫に向かって

八五郎:
この泥棒猫め!熊すまねえ 俺がちょっと目を話した隙にこの通り…」

猫に身の方を食べられたんだと 残った鯛の頭を見せると

熊五郎:
「仕方ねえ 酒があるのに肴がないのはさびしいから」

と買ってきた酒を置いて再び出かける熊五郎。

八五郎:
「うまく酒が手に入った。どれ一杯味見だ!うまい」

熊五郎がなかなか帰って来ないのでもう一杯、もう一杯で徳利はとうとう空っぽに…

弱った八五郎はまた一芝居。酒の徳利を割って熊五郎が帰って来るのを待つ




八五郎:
「またあの猫にやられた!燗をつけようと用意していると、今度は鯛の頭を狙ってあいつがやってきた。追っぱらおうとしたところで、徳利を足にひっかけてガシャンだ…」

熊五郎:
「それにしては酒はこぼれてないし、おまえさんの顔も真っ赤だが?」

八五郎:
「こぼれた酒をもったいないから吸い込んだんだ」

熊五郎:
「まあいい。もう一度酒を買ってくるよ」

またまたうまくごまかした八五郎

そこへ件の猫が入ってくると、仏壇の前にちょこんと座って前足を合わせた

八五郎が不思議に思っていると

猫:
「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…もうこれ以上災難が降りかかりませんように

落語一覧へ




関連記事

湯のみ

落語 もう半分のあらすじ

もう半分 夫婦で営む居酒屋に湯飲みに酒を半分ずつ注文する老人が毎日やってくる。 ある日、

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

宿屋の敵討ち 宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさ

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑