*

落語 そばの殿様のあらすじ 以外に歴史が浅いそば切りについて

公開日: : 滑稽噺 , ,

そばの殿様

親戚の屋敷に招かれた時にそば職人がそば打ちをするのを見て、自分もやってみたくて仕方がない殿様。
城へ帰り広間に家臣達を集めると

殿様:
「皆の者そばは好きか?」

家臣:
「家臣一同皆好物でございます」

殿様は満足げにそれを確認すると、さっそく自らそばを打って振る舞うという
そばの殿様
好きだと言ってしまった手前 断ることの出来ない家臣たち

そば粉を用意させコネ始める殿様だったが、もちろん料理などしたことのない人が見よう見まねで出来るほどそばは簡単ではない。そば粉にいい加減な量の水を入れ…

殿様:
「これでは水が少ない固すぎる。水を足せ。今度はそば粉が少ない柔らかすぎる。粉を足せ」

殿様の表情は真剣そのもの、力が入り額から滴る汗はポタポタとそばの中へ 粉が鼻に入ったのか手鼻をした手を洗おうともせずにコネ続ける

「さあ延ばそう」と門番の持っている六尺棒を借りて延ばそうとするのだが、粘り気がなく上手く伸ばすことができない
そばの殿様六尺棒
つなぎに小麦粉が必要だということがわかっていないのだ。どんどんブツ切れになり、本来の形とかけ離れていくそば

見ている家臣たちはアレを食べさせられるのだと思うと気が気でない。見るに見かねて家来の一人が

家来:
「殿…恐れながら…」

アドバイスをしようとすると

殿様:
控えよ!
そばの殿様手打ち
これ以上口出しすると首が飛びそうな剣幕で怒るので、もう黙って見ているしかない。

出来上がったものをいいかげんに茹でて、湯で醤油を溶いて家臣たちの前に出されるそば(のようなもの)

殿様:
「さあ 遠慮なく食べるがよい」

上機嫌な殿様

上司に気を遣うのは今も昔も変わらないこと。家来たちは粉っぽかったり、固くて噛み切れないそば(のようなもの)を顔を引きつらせながら完食した。

もちろんそんなものが体に良いわけがない。その夜は厠に行列ができ、朝まで途切れることがなかった…




そばが好評だったことに味を占めた殿様は「家臣が喜ぶから」とまたそばを打とうとする。

このままでは家臣たちの体がもたないと 危機を感じた家老が殿様に真実を報告すると

殿様:
「そうか、では控えよう」

懲りたかに思われた殿様だったが、ある日 禅寺で振る舞われた精進料理を見てまた家来たちを集める…

オチと江戸時代に食べられたそば切について

そば切り
今度は精進料理を見て…以外にも、忠告した家老に対して「余のそばが食えんとは!手打ちにいたす!」というものもあります。前者の殿様の方が親しみやすい気がしますね笑

噺に登場するそばですが、歴史は古く平安の頃から食されてきたという記録があります。

元々は痩せた土地でも栽培可能なため、飢饉のための保存食として食べられたような節があり、鎌倉の頃になると「そばがき」といって、そばの実を石臼で挽いてコネて食べられました。

今のような麺の形状のものを汁につけて食べる「そば切り」が登場したのは江戸時代初期なので、意外にも歴史は浅いことになります。

今でも「そばがき」は昔ながらのお蕎麦屋さんでメニューにあったりしますが、現在「そば」といえば通常は「そば切り」の方です。

江戸はそば、上方はうどんが好まれたといいますが、面白いことに今でも蕎麦とうどん両方扱っている店舗では、関東地方「そば うどん」という看板に対し、関西地方「うどん そば」と表記が反対になっています。

蕎麦の方が茹で上がりが早く、せっかちな江戸っ子たちには好まれたという説もあります。
落語一覧へ




関連記事

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑