*

落語 元犬のあらすじ オチの解説

公開日: : 最終更新日:2019/10/27 滑稽噺 , ,

元犬

人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ
願掛けをはじめて21日目の満願の日 突然不思議な風が吹いた。

風はシロの毛をすべて吹き飛ばしてしまい 気が付くといつの間にか犬から人間の姿に
元犬神社
念願かなったはいいが毛が抜けてしまったものだから真っ裸
寒くて困っているところに いつもかわいがってくれていた口入屋の主人が通りかかる

シロ:
「御主人お久しぶりです。私シロです。わかりますか?」

口入屋:
「四郎さん?わからないなぁ…」




「まあそんな恰好じゃあ寒いでしょう」と着物を手渡されると、初めてなので着物を上手く着られないし、下駄は両手両足に履いてしまう始末

「行き先がない」という話をするシロ それを聞いた口入屋の主人はちょうど男手を探しているご隠居がいるから「そこで世話になってみては?」と勧めてくる

実は件のご隠居は変わった人が好きで シロはうってつけと思ったからだ。さっそく口入屋にご隠居の元へ連れて行ってもらい、一通り紹介してもらうシロ
元犬ご隠居の家
ご隠居:
「よく来てくれたね。うちにはモトという女中がいるから わからないことがあれば聞くといい。気立てのいい子だから親切に教えてくれるよ。ところであなたのお生まれは?」

シロ:
「はい 裏長屋の八百屋と魚屋の間で生まれました」

ご隠居:
「そこはごみ溜めだが…なるほど謙虚なんだね。ご家族はいらっしゃるかな?」

シロ:
「両親はいません。兄弟が何匹かいましたが今は別れ別れです」

ご隠居:
「そうか天涯孤独か…それにしても何匹とは変わっているね」

ご隠居はさっそく掃除や用事をいいつけるが、シロはやったことのないことばかりなのでトンチンカンな結果になってしまう

ご隠居:
「やかんがチンチンいってるから、下してくれないか?」
元犬やかん
シロ:
「チンチンは苦手なんですけどねえ…あ!今は人間の足だから簡単か!はいチンチン」

と背筋を伸ばし 両手を胸の前で持ってきてチンチンのポーズ
だんだん手に負えなくなってきたご隠居は女中のモトを呼ぶ

ご隠居:
「モト~モトやモトはいぬか?

シロ:
「はい!今朝人間になりました

オチと方言について

オチの部分はご隠居の「(女中の)モトは居ぬか?」をシロが「元は犬か?」聞いて「はい今朝人間になりました」と受けたダジャレオチ

ちなみに私は尾張地方の出身なので”やかんがチンチン”と聞いて「あ、やかんが沸騰してるんだな」ということはわかりましたが、熱いことをチンチンというのが方言ということに結構最近気がつきました(^^;

よく考えると都会の街中で使用すると怪しい言葉ですね笑

落語一覧へ



関連記事

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑