*

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

公開日: : 人情噺, 滑稽噺 , ,

ぞろぞろ

少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けにならないので駄菓子や草鞋(わらじ)などの雑貨も扱って細々と暮らしている。

夫婦は貧しいながらも信心深く毎日お稲荷さんの掃除も欠かさないし、お供え物をして手を合わせている。
ぞろぞろ茶屋
ある日お参りを終えて店に戻ると急に雨が降ってきた。急な雨だったものだから後から後から雨宿りさせて欲しいとたくさんの人が店に入ってくる。

するとただ雨宿りさせてもらったのでは悪いからと菓子や雑貨が売れるし、足元がぬかるんでるからと草鞋もどんどん売れていく。
ぞろぞろ草履
お婆さん:
「ここ何年も売れ残ってた草鞋が全部売れてしまったよ。これもお稲荷さんのご利益かねえ」

と二人で喜んでいると、近所に住んでいる熊五郎がやってきた。

熊:
「これから遠出をするんで草鞋を売ってくれないか?」

お爺さん:
「すまない熊さん。来るのがわかってたんなら一足取っといたんだが、珍しいことに売り切れたんだ」

熊:
「ん?あそこに下がってるのは草鞋じゃないのか?」

よく見ると売り切れたはずの草鞋が天井からぶら下がっている。「思い違いだったかな?」とお爺さんが草鞋をひっぱると、新しい草鞋がゾロゾロっと出てきた。

熊五郎が帰った後も、お客が来るたびに引っ張れば新しい草鞋がゾロゾロいくらでも出てくる。これが評判になってお客が次々と来るようになり店は大繁盛。

お稲荷さんも「ご利益がある」とみんながお参りしたり寄進したりするものだから、荒れ果てた姿からすっかり立派なお堂が建った。
ぞろぞろお稲荷さん
これを聞いた流行らない髪結い床屋の男。自分もあやかりたいとお稲荷さんにお参りに行く。

床屋:
「どうか私にも同じご利益を…」

願掛けを始めて一週間が過ぎ、お参りを終えて戻ってきたところ、店の前にお客さんの行列が出来ている。「もうご利益が現われたか!」と早速仕事にとりかかる。

客の顔を湿して剃刀でスゥっと剃ったあとから新しい髭がぞろぞろ

本来雨の日に履いた履物は?

アスファルト舗装などなかった江戸時代。雨が降れば辺り一面 水溜りだらけだったでしょう。こんなところを草履で歩いては草履に水は染込むわ、足に泥は着くわで大変です。

本来雨の日の履物は下駄や足駄(歯が高い下駄、高下駄とも)が用いられました。また足に土がつかず、湯が汚れにくいということで、風呂屋に行くのも下駄で行ったといいます。

草鞋は軽量で安価な消耗品で普段使いまたは旅向きでした。熊五郎が遠出をするために草鞋を買いに来たと言うのは理にかなっていることになります。

落語一覧へ



関連記事

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原遊郭に繰り

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

孔子

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

二十四孝(にじゅうしこう) 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原の遊郭通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

柳田かくのしん

落語 柳田格之進(やなぎだかくのしん)のあらすじ 庶民の娯楽だった囲碁

柳田格之進 万屋の主人に招かれて碁を囲む浪人の柳田格之進 そこへ店の番頭が50両の集金を終え

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?遊郭での勘定のルール

付き馬 吉原遊郭のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑