*

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

公開日: : 最終更新日:2021/07/26 怪談噺, 滑稽噺 , , ,

ろくろ首

二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

結婚している兄と嫁の生活を見てどうやら羨ましくなった様子

与太郎と伯父さんのやり取りを見ていた伯母さんがなにやらヒソヒソと耳打ちをする

伯父さん:
「そんなに嫁がほしいなら いい縁談がある。相手の歳は二十歳だし器量もいい、両親はいないが広い家も金もある」

与太郎:
「そんないい話うますぎやしませんか」

伯父さん:
「その通り 一つだけ傷があって、丑の刻になると首がスゥ~っと伸びて行灯の油をベロベロ舐めるんだ」
ろくろ首夜
与太郎:
「伯父さんそれじゃあろくろ首じゃないか」

伯父さん:
「そうだ だがおまえは一度寝たら朝まで起きないしいいじゃねーか」

結局一度会ってみることに

きちんと挨拶ができるか心配な与太郎だったが美人の娘さんをすっかり気に入り縁談は無事にまとまった。

そして婚礼後 最初の夜になった。ドキドキしているのと、布団が変わってさすがに寝つきの悪い与太郎。寝られないうちに とうとう丑の刻になる
ろくろ首寝床
すると隣で寝ているお嫁さんの首がスーッ

与太郎:
「の、の、伸びたー!」

慌てて屋敷を飛び出し伯父さんのところへ向かう与太郎
ろくろ首伯父さんの家
与太郎:
「お、伯父さん伸びました!」

伯父さん:
「そんなのわかってて嫁にもらったんだろう?」

与太郎:
「もう怖い家に帰りたい」
とメソメソと泣く与太郎

伯父さん:
「何言ってんだおまえの母親だって、いい知らせが聞けるかって首を長くして待ってるんだ」

与太郎:
「何?大変だそれじゃあ家にも怖くて帰れねえ

首を長くして待っているオチの意味

もちろん説明不要と思いますが、子供が結婚したとなると次にほしいのは、赤ちゃんができたという知らせ。
これを何時聞けるかと与太郎の母親は「首を長くして待っている」ということです。与太郎に子育てが出来るのかは疑問ですが^_^;

江戸時代の見世物について

明暦の大火以降、火除け地が作られるとそこには出店や見世物小屋が出て周辺は大変賑わいました。

中でも見世物は手を代え品を代え様々なものがあったようです。庶民が驚いたものというと徳川吉宗が異国から取り寄せた像や虎を民間に払い下げたもの。

またくだらないダジャレのものもあったようです。
※大きな板に血がついていてオオイタチ、顔に炭を塗って河童と称したり、ろくろ首も作り物の身体と暗幕を利用して首が伸びたように見せかけるトリックで人を楽しませたようです。

インチキくさい見世物も入場料が四文ほどと安く、シャレで済んだのも人が集まった要因だと思われます。

落語一覧へ




関連記事

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

落語 そばの殿様のあらすじ 以外に歴史が浅いそば切りについて

そばの殿様 親戚の屋敷に招かれた時にそば職人がそば打ちをするのを見て、自分もやってみたくて仕方がな

記事を読む

骨董

落語 金明竹(きんめいちく)のあらすじ 出てくる道具は何なのか?

金明竹 甥っ子の松公を預かることになった道具屋の主人だったが 松公はどこか抜けていて、何をやら

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

鳥居

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原で遊ぶ時のルールとは

明烏(あけがらす) 二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑