*

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 怪談噺, 滑稽噺 , , ,

ろくろ首

二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

結婚している兄と嫁の生活を見てどうやら羨ましくなった様子

与太郎と伯父さんのやり取りを見ていた伯母さんがなにやらヒソヒソと耳打ちをする

伯父さん:
「そんなに嫁がほしいなら いい縁談がある。相手の歳は二十歳だし器量もいい、両親はいないが広い家も金もある」

与太郎:
「そんないい話うますぎやしませんか」

伯父さん:
「その通り 一つだけ傷があって、丑の刻になると首がスゥ~っと伸びて行灯の油をベロベロ舐めるんだ」
ろくろ首夜
与太郎:
「伯父さんそれじゃあろくろ首じゃないか」

伯父さん:
「そうだ だがおまえは一度寝たら朝まで起きないしいいじゃねーか」

結局一度会ってみることに

きちんと挨拶ができるか心配な与太郎だったが美人の娘さんをすっかり気に入り縁談は無事にまとまった。

そして婚礼後 最初の夜になった。ドキドキしているのと、布団が変わってさすがに寝つきの悪い与太郎。寝られないうちに とうとう丑の刻になる
ろくろ首寝床
すると隣で寝ているお嫁さんの首がスーッ

与太郎:
「の、の、伸びたー!」

慌てて屋敷を飛び出し伯父さんのところへ向かう与太郎
ろくろ首伯父さんの家
与太郎:
「お、伯父さん伸びました!」

伯父さん:
「そんなのわかってて嫁にもらったんだろう?」

与太郎:
「もう怖い家に帰りたい」
とメソメソと泣く与太郎

伯父さん:
「何言ってんだおまえの母親だって、いい知らせが聞けるかって首を長くして待ってるんだ」

与太郎:
「何?大変だそれじゃあ家にも怖くて帰れねえ

江戸時代の見世物について

明暦の大火以降、火除け地が作られるとそこには出店や見世物小屋が出て周辺は大変賑わいました。

中でも見世物は手を代え品を代え様々なものがあったようです。庶民が驚いたものというと徳川吉宗が異国から取り寄せた像や虎を民間に払い下げたもの。

またくだらないダジャレのものもあったようです。
※大きな板に血がついていてオオイタチ、顔に炭を塗って河童と称したり、ろくろ首も作り物の身体と暗幕を利用して首が伸びたように見せかけるトリックで人を楽しませたようです。

インチキくさい見世物も入場料が四文ほどと安く、シャレで済んだのも人が集まった要因だと思われます。

落語一覧へ




関連記事

夜

落語 首提灯のあらすじ 時代劇でお馴染み斬り捨て御免について

首提灯 深夜 芝増上寺の辺りを男が一人で歩いている 男は酒を飲んでいるようで足元がおぼつかない

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

死神

落語 死神のあらすじ 江戸時代の医者について

死神 金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじま

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑