*

落語 宿屋の富のあらすじ

公開日: : 滑稽噺 , ,

宿屋の富

馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男

主人はせっかく来てくれたお客様ということで愛想よく対応するが男は「構わずにほっといてほしい」と言い出した。

聞けば、自分は大金持ちで面が割れているから、いい宿に泊まると終始もてなしを受けてゆっくりできない。
刺身
一人でのんびり泊まりたいから、わざとみすぼらしい恰好をして、ほったらかしにしてくれる宿を探していたという。

さらに男は景気のいい話を続ける

方々に金を貸しているんだが、返す時に利息が付いて返ってくるから金蔵が足りなくて困っている

泥棒の一団が盗みに入ったが、千両箱10個しか持って行かなかった。その上、役人が泥棒を捕まえて来たので金も戻ってがっかりだ
千両箱
人のいい宿の主人は男のホラ話ですっかり金持ちだと信じ込んでしまい、それならばということで一つ相談をする

主人:
「恐れ入りますが、副業で富くじを扱っておりまして、ここに売れ残りが一枚ございます。残り物には福があるということで買い取っては頂けませんか」

男:
「俺が千両出すんなら喜んで買うが、当たってしまうと金が増えて困る」

主人:
「まあそういわず助けると思って」

富くじの金額は一分と高額だが、今まで散々景気のいい話を続けてきた手前、男は はっきり「いらない」とは言いづらい。

全財産の一分で富札を買い取ると「当たったら半分あげる」と調子のいい約束までしてしまう。
猫の皿払った三両
なけなしの金で富くじを買ってしまい意気消沈の男。翌朝になると富くじの発表の鐘がなる。

当たってなければこのまま逃げるかと考えながら神社へ結果を見に行くが、なんと千両の大当たり。真っ青な顔で宿に帰ると布団にくるまって寝てしまった。

そこへ発表を見た宿の主人も大慌てで入ってくる。

主人:
「お客様起きてください。あの札が当たりましたよ!」

よく見ると主人は興奮のあまり下駄のまま部屋に上がっていた

男:
「なんだい千両くらいでみっともない。静かにしてくれ」

主人:
「まあ起きてください。祝い酒といきましょう」

主人が布団を捲ると男も下駄を履いていた

落語一覧へ




関連記事

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

落語 そばの殿様のあらすじ 以外に歴史が浅いそば切りについて

そばの殿様 親戚の屋敷に招かれた時にそば職人がそば打ちをするのを見て、自分もやってみたくて仕方がな

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑