*

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

公開日: : 滑稽噺 , , ,

寝床

義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞く人にとっては唸り声を聞かされているだけで苦痛でしょうがない。

今日はその義太夫をみなに聞かせてやろうと 番頭の佐兵衛に聞き手を集めるために長屋や取引先をまわらせている

しかし
・成田山へお参りに行く
・提灯の注文が大量に入った
・義太夫があると聞いて梯子から落ちてけがをした
何かと理由をつけてくる長屋どころか店の使用人達も来る気配がない




旦那:
「佐兵衛 おまえは来るんだろうね」

佐兵衛:
「もちろんです。私は腹を括りました」

旦那は酒まで用意してみんなに楽しんでもらおうと思っているのに、そんなに私の義太夫が聴きたくないなら取引もしないし、使用人にも出て行ってもらうとカンカン

追い出されては大変だと長屋の連中や取引先が集まってきたので、旦那は機嫌を直し、めでたく義太夫が始まった
ご隠居
しかし、どの顔も頭を低くしてまるで災難が上を通るのをやり過ごすかのよう。しまいには旦那が御簾(みす)越しに語っているのをいいことに、出された酒を飲んでグウグウ寝てしまう始末
寝床の酒
独演会が終わり、旦那はみなが寝ているのに気が付くと怒りだすが、端っこで店の丁稚の定吉だけが泣いている

義太夫の良さが分かるなんてエラい!喜ぶ旦那が定吉に

旦那:
「どこが悲しかった?やはり政岡の子別れの場面だな?あそこは語る方も涙が出るところだ」

定吉:
「そんなところじゃありません、あすこです」

定吉が指を差したのは、旦那が義太夫を語っていた場所
寝床
定吉:
あすこは私の寝床です

義太夫とは

義太夫とは三味線に合わせて独特の節回しで語る浄瑠璃のようなもの。三味線の伴奏で歌うというよりも語る方にウエートを置いています。

一人で何役もこなし、男性、女性、年齢、喜怒哀楽で声色を演じ分ける必要があり、見よう見まねでやるとかなり悲惨なことになるでしょう^_^;
落語一覧へ




関連記事

孔子

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

二十四孝(にじゅうしこう) 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

宿屋の敵討ち 宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさ

記事を読む

落語 天災のあらすじ

天災 どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎 今日も女房と喧嘩をしたよ

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑