*

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

公開日: : 滑稽噺 , , ,

寝床

義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞く人にとっては唸り声を聞かされているだけで苦痛でしょうがない。

今日はその義太夫をみなに聞かせてやろうと 番頭の佐兵衛に聞き手を集めるために長屋や取引先をまわらせている

しかし
・成田山へお参りに行く
・提灯の注文が大量に入った
・義太夫があると聞いて梯子から落ちてけがをした
何かと理由をつけてくる長屋どころか店の使用人達も来る気配がない




旦那:
「佐兵衛 おまえは来るんだろうね」

佐兵衛:
「もちろんです。私は腹を括りました」

旦那は酒まで用意してみんなに楽しんでもらおうと思っているのに、そんなに私の義太夫が聴きたくないなら取引もしないし、使用人にも出て行ってもらうとカンカン

追い出されては大変だと長屋の連中や取引先が集まってきたので、旦那は機嫌を直し、めでたく義太夫が始まった
ご隠居
しかし、どの顔も頭を低くしてまるで災難が上を通るのをやり過ごすかのよう。しまいには旦那が御簾(みす)越しに語っているのをいいことに、出された酒を飲んでグウグウ寝てしまう始末
寝床の酒
独演会が終わり、旦那はみなが寝ているのに気が付くと怒りだすが、端っこで店の丁稚の定吉だけが泣いている

義太夫の良さが分かるなんてエラい!喜ぶ旦那が定吉に

旦那:
「どこが悲しかった?やはり政岡の子別れの場面だな?あそこは語る方も涙が出るところだ」

定吉:
「そんなところじゃありません、あすこです」

定吉が指を差したのは、旦那が義太夫を語っていた場所
寝床
定吉:
あすこは私の寝床です

義太夫とは

義太夫とは三味線に合わせて独特の節回しで語る浄瑠璃のようなもの。三味線の伴奏で歌うというよりも語る方にウエートを置いています。

一人で何役もこなし、男性、女性、年齢、喜怒哀楽で声色を演じ分ける必要があり、見よう見まねでやるとかなり悲惨なことになるでしょう^_^;
落語一覧へ




関連記事

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し

記事を読む

相談

落語 あくび指南のあらすじ 江戸時代人気のあった習い事とは?

あくび指南 町内にできた「あくび指南」の道場の看板を見て、新しいもの好きの男が興味を持つ ただ一

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑